3月 11 2014

乾燥肌、敏感肌対策

Published by

乾燥対策にサンダルウッド

乾燥やトラブル対策を気にしたい時期に役立つアロマがあります。サンダルウッドという香りなのですが日本では「白檀」という名で紀元前5世紀頃に伝わり、仏像や仏具といった神聖なものの材料として使用されてきました。お線香・お香・香水などの原料にも使われることが多く、穏やかな香りで気持ちをリラックスさせる効能もあるとされています。サンダルウッドはインドが原産の香木でサンスクリット語ではcandana(チャンダナ)と呼ばれています。

サンダルウッドには皮脂バランスを整えてくれる役割があるといわれ、乾燥肌から脂性肌までのあらゆる肌タイプのトラブルに効果を発揮し、その抗菌効果で古代インドではアーユルヴェーダでもニキビに効果が高いとされています。美肌万能アロマとも言えますね。

スキンケアでサンダルウッドの特性を活かすなら、洗顔後にいつも使っている化粧水や乳液などを浸透させたあと、最後のクリーム10mlに対して1滴を目安に混ぜるのが良いそうです。

エキゾチックかつ穏やかな癒し系の香りは乾燥対策としても高い実力を持っているのですね。

お金をかけずに美肌を意識した生活を

高級な敏感肌化粧品を使ったり高価なエステサロンに通うと美肌を維持できる、ひいてはそうしないと美肌ではいられないと思ってしまうこともあります。高いものには高い効果が期待できることも多いものの、努力さえすればお金をかけずとも美肌でいることはできるのです。

そのために大切なのが、肌の新陳代謝を促進してダメージを無害化する働きをしてくれる成長ホルモンです。この成長ホルモンは睡眠時に集中して分泌されるので、睡眠時間はまさに「マネーフリーのエステ三昧タイム」ということになるようです。

また、18時~20時は体温が最も高く、この時間帯に運動して体温をさらに上げておくと、その後21時以降に下がる体温との落差が大きくなり、体が眠りに入る準備をスムーズにスタートすることができるのです。

運動は適度な強度が重要なポイント。息が上がりすぎるような運動では体内に大量の活性酸素を発生させて肌を老化させる原因にもなりかねますので、無理をしないようにしましょう。

入浴は38℃~40℃のぬるめのお湯に20分程度の入浴するのが快眠をサポートしてくれます。このとき、好きな香りのアロマエッセンスや入浴剤を使リラックス度もアップですね。快眠が促されると朝の肌の調子が良くなります。

真面目な人ほど禁止や規則で自分を縛ってしまうこともあります。心や時間や日々の習慣にゆとりを持って、睡眠をたっぷりとって睡眠エステを促すために、賢く運動や入浴を取り入れられると良いですね。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.